藤ケアサービス、訪問介護、介護タクシー、障害福祉サービス

tk7

左右倒巻肱(ズォヨウタオジェンゴン)に戻る

24式太極拳

7.左攬雀尾(ズォランチュウェイ )

動作1

画像の説明
  • 重心を右脚にしたまま、体を少し右に回す。
  • 右手を右後方上に、弧を描いて肩まで上げる。掌心は斜め下向き。
  • 左手は下に下げ始める。掌心は斜め下向き。
  • 視線を右方向に移していく。
    ポイント:
  1. 両腕で、抱掌を作る準備をする。
    注意:
  • 立ち上がらないこと。
  • 上体は立身中正にする。

動作2

動作2_2
動作2_1
  • 体を少し右に回す。
  • 左足を右足の内側に寄せる。
  • 両手で、抱掌を作る。抱掌
  • 右手を見る。
    ポイント:
  1. 顔は正面(起勢の方向)に向く。
  2. 右股関節を折り込み、右膝を曲げ、右足に座る。
    注意:
  • 立ち上がらないこと。
  • 上体は立身中正にする。

動作3

動作3
  • 体を少し左に回す。
  • 左足踵を左前方に着地。(上歩
  • 両腕を分け始める
  • 右手を見る

動作4

動作4
  • 重心を左足に移しながら、体を左に回す。
  • 左足先を着地させ、右脚を蹴り伸ばす。(左弓歩
  • 左腕を胸の前に張り出す。掌心は内向き。
  • 右手は右股関節の横に下ろす。掌心は下向き。
  • 前方を見る
    ポイント:
  1. 左腕は、肘を曲げ弧形を作り、胸の前に張り出す。(基本4手法(掤-ポン))
  2. また肩関節を緩めること。
    注意:
  • 左手首の折腕に注意する。
  • 右手は、右股関節の真横より少し前に置く。
  • 右肘を緩め、右腕の弧形を保ち柔らかく押さえる。

動作5

動作5
  • 体を少し左に回す。
  • 左腕を外旋しながら前に伸ばす。掌心は斜め前方下向き。
  • 指先は、目の高さを超えない。
  • 右腕は、内旋しながら左肘の斜め下に上げる。掌心は斜め上向き。
  • 左手を見る。
    ポイント:
  1. 体を少し左に回すのに合わせて、左腕は前に、右腕は上に上げる
  2. 右踵は浮き上がらないようにする。
    注意:
  • 体を左に回しすぎない。また体を回さずに両腕を前に出さないこと。
  • 股関節を緩めて両腕を前に出す。
  • 指先を下に向けてから前に出さないこと。

動作6

動作6
  • 重心を右足に移しながら、体を少し右に回す。
  • 同時に、両腕を下に向けて引き込む。(基本4手法(捋-リュイ))
  • 左手を見る。
    ポイント:
  1. 左手は胸前、右手は腹前まで引き込むみ降ろす。
    注意:
  • 両手の距離は一定を保ち引き込むこと。

動作7

動作7
  • 重心をさらに右足に移しながら、体を右に回す。
  • 左手は下におろし、腹前から弧を描き胸前まで上げる。掌心は内向き。
  • 右手は下げて、右股関節の横から右後方に弧を描き肩の高さまで上げる。掌心は斜め上向き。
  • 右手を見る。
    ポイント:
  1. 上体をさらに右に回すのに合わせ、左手は下にして腹前にする。
  2. 同時に右手は右後方に大きく払い出す。
    注意:
  • 右膝と右足先は同じ方向に保つこと。
  • 左足も股関節を緩め、膝を緩めて前にしておく。

動作8

動作8
  • 体を左に回す。
  • 左手を胸前まで上げ(掌心は内向き)、右手は右耳横を通って、右手掌根(掌心は前方)を左手首に近づける。
  • 前方を見る。
    ポイント:
  1. 体を回すのに合わせ、左手を胸前に移動する。
  2. また右手掌心は前方に向けながら、左手首の内側に添える。
  3. 胸前で両腕で弧形を作る。体を進行方向に向ける。
  4. 重心は右足のままにしておく。
    注意:
  • 両手の掌根が胸前で、触れるか触れない状態であること。
  • 両肘は横に張り出すが、下に沈めておく。
  • 右指先は斜め上に向くこと。

動作9

動作9
  1. 両手を押し出す動作と、弓歩の動作が一致するようにする。
  2. 弓歩の完成時、両手の掌根が重なって合わさっていること。
  3. 肩を沈め、腋をゆるめる。(立身中正)
    注意:
  • 上体が前に傾かないようにする。
  • 左手首が折腕しないようにする。

動作10

動作10
  • 両手の掌心を下に向け、肩幅に分け開く。
    ポイント:
  1. 両腕を緩めて前に伸ばす。
  2. このとき掌心を下に向けるが、左手は下右手は上で重なるようにする。
  3. そして、肩を沈め、両腕を肩幅に分け開く。
    注意:
  • 分け開くとき、両肘は下に向けること。
  • 分け開いたとき、股関節をゆるめおくこと。

動作11

動作11_2
動作11_1
  • 重心を右足に移す。
  • 左足先を上げる。
  • 両肘を曲げて、肩幅で腹前までひき下ろす。
  • 両掌心を斜め前方に向けて押さえる。
  • 前方を見る。
    ポイント:
  1. 左足で蹴りだし、重心を後方に移す。
  2. そして、重心を後方に移すのに合わせ、両肘を下にして、両手を胸の前に引き込む。
  3. そして弧形を描き腹前に降ろし、両掌で下に押さえる。(基本4手法(按-アン)
    注意:
  • 左膝を緩めて、わずかに曲げておく。
  • 両手を腹より下げすぎないこと。
  • 体を後ろに引きすぎないこと。又体が浮き上がらないこと。

動作12

動作12
  • 重心を左足に移す。
  • 左足先を着地させ、右足を蹴り伸ばす。
  • 両手を前に弧を描き上に押し出す。(両掌心は前向き)
  • 前方を見る。
    ポイント:
  1. まず左足先を着地させ、このとき両手を前に出す。
  2. そして両手は、重心の移動に合わせ、弧を描き前上に押し出す。(基本4手法(按-アン)
    注意:
  • 両手を前に押し出したとき、指先は目の高さを超えないこと。
  • 上体を前に傾けないこと。
  • 右踵は上げないこと。

套路---右攬雀尾(ヨウランチュウェイ )の動作説明

3322

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional