藤ケアサービス、訪問介護、介護タクシー、障害福祉サービス

tk4

白鶴亮翅(バイフーリャンチィ)に戻る

24式太極拳

4.左右膝拗歩(ズォヨウローシーアォブ)

1回目

動作1

動作1
  • 体を少し左に回す。
  • 右手を顔の前に下ろし、左手は自然に緩める。
  • 前方を見る。
    ポイント:
  1. 上体を左に回す動きに合わせて右手の掌外沿で前方を払う。
  2. そして、顔の前で下に下ろす。
  3. 左手は手首を緩める。
    注意:
  • 上体を左に回すときは左股関節を緩めて、腰を左に回す。
  • 右手を左胸まで回さない。
  • 顔は正面を向けたままにする。

動作2

動作2
  • 体を右に回す。
  • 左足を右足の内側に寄せる。
  • 右手は、右股関節の横を通って、右後方上に弧を描いて肩の高さまで上げる。掌心は斜め上向き。
  • 左手は、顔の前を通り胸の前に移す。掌心は斜め下向き。
  • 右手を見る。
    ポイント:
  1. 上体を右に回す動きに合わせて、右手は右股関節の横を通って、右後方上に移す。右腕に位置は、右後方30°~45°
  2. 右腕は,肩を沈め肘を下げ弧形にする
  3. 上体の動きに合わせ、左手は掌心で顔の前を払う。
  4. 左腕は、腕の弧形を保って動かす。
  5. この動作に合わせ、左足を右足の内側に寄せる。
    注意:
  • 単に両手を回すのではなく、回転は腰を回す。
  • 右手が肩の高さまで上がったときに、顔は右手に対して真正面に向く。(横目で見ない)
  • 左膝は前に向けておく。体が右に回るのにつられて膝が閉じないようにする。

動作3

動作3
  • 体を少し左に回す
  • 左踵を左前方に着地させる。(上歩
  • 右腕を曲げ(肘は下げないこと)、右手を耳横に近づけ、親指を斜め上に向ける。
  • 左手は、腹の前に下ろす。掌心は斜め下向き。
  • 視線を左に移してゆく。
    ポイント:
  1. 体を少し左に回すのに合わせ、左踵を左前方に着地する。重心は右足で支える。
  2. 右腕を曲げ、左手は腹の前に下ろし、左踵を左前方に着地。この動作をほぼ同時にする。
  3. このとき、右腕を曲げ始めで、顔は正面(左)に移していく。
  4. 右手の指先は、やや前方に向ける。
    注意:
  • 左脇を締めないで、間隔を保つ。
  • 左踵を左前方に着地するとき、腰、股関節を緩める。左膝、左足首は緩める。
  • 左右の肘は、上げないようにする。

動作4

動作4
  • 体を少し左に回しながら、前方に向ける
  • 左足先を着地させ、右脚を蹴り伸ばし左弓歩になる。
  • 右手を前に手首を緩めて、肘を沈めて押し出す。掌心は前に。(推掌
  • 左手は左膝の前を払う。掌心は下向き。(楼掌
  • 前方を見る。
    ポイント:
  1. 右手は肘を下にして、徐々に掌心を前方に向け、前方胸前に推し出す。
  2. 右手は重心の移動とともに、徐々に手首を沈めて座腕にする。
  3. 左手は腰の回転で前を払う。(弧を描いて払う)
  4. 「楼掌」,「推掌」,「左弓歩」の完成は一致させる。
    注意:
  • 推掌している右腕と胸部の角度は90°より大きくする。すなわち体が少し左に回し、動作を完成させる。回し過ぎると上体のねじれになる。
  • 左手の楼掌の完成時、左肘を後に引きすぎないこと。
    2回目

動作5

動作5
  • 重心を右足に移しながら、体を少し左に回す。
  • 左足先を上げ、外側45°~60°に開く
  • 両腕を緩め、両手は小指側に回す。
  • 右手を見る
    ポイント:
  1. 右膝を外側に曲げ、右足に重心を移し座る。(重心を移しすぎない)
  2. このとき左足先が上がる。
  3. 同時に体を左に回し、左足先を外側45°~60°に開く。
  4. 両手首の座腕を緩めて、右腕の肘を下に沈める。
    注意:
  • 重心の移動時、上体を浮かしたり、後ろに反らさない。
  • また、臀部を突き出したり、上体を前傾させない。

動作6

動作6_1、動作6_2
  • 重心を左足に移し、体をさらに左に回す
  • 左足の足裏前面を着地し、右足踵を上げる。そして右足を左足の内側に寄せる。
  • 右手は顔の前を払い、胸前で掌心を斜め下に向ける
  • 左手は、左大腿部の外側から左後方の弧を描き、肩の高さまで上げる。掌心は斜め上にする。
  • 左手を見る。
    動作6_1(左図)ポイント:
  1. 左足の足裏前面を着地し、徐々に重心を移動し、これにつれて右足踵を上げる。
  2. 右手は掌心を横にして、顔の前を払う。
  3. このとき目は右手を見る。
  4. 左手は、徐々に掌心を上に向けながら左後方に上げる。
    動作6_2(右図)ポイント:
  5. 右膝を持ち上げ、引き付けるようにして、左足の内側に寄せる。
  6. このとき、顔と体を左に回して、しっかりと左手を見る。
    注意:
  • 右足は左足による動作と、右手が顔の前を払う動作、左手が肩まで上がげる動作、体を左回転させる動作を協調一致させる。

動作7

動作7
  • 動作3、動作4と同じ。但し左右が逆になる。

動作8

動作8の1
動作8の2

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional