藤ケアサービス、訪問介護、介護タクシー、障害福祉サービス

tk13

高探馬(ガオタンマー )に戻る

24式太極拳

13. 右蹬脚(ヨウドンジャオ )

動作1

動作1
  • 体を少し右に回す
  • 左足先を右足の内側に寄せる。
  • 左手を右手首の上に突き出し、両手首を交差させる。(左手掌心は斜め上向き、右手掌心は斜め下向き)
  • 左手を見る。
    ポイント:
  1. 上体を少し右に回しながら、左手を右手首の上に突き出す。(穿掌
  2. 右手の肘はゆるめて沈め少し右横に張り出し、腕を弧形にする。
  3. 同時に、左足先を右足の内側に寄せる。
    注意:
  • 上体を少し右に回転する動作に合わせておこなうこと。

動作2

動作2
  • 体を左に回す。
  • 左足踵を左斜め前方約30°に着地させる。
  • 左手の掌心を外側に向け、両腕を顔の前で分け開きかける。
  • 前方を見る。
    ポイント:
  1. 体を左に回しながら、左手の掌心を外側に向ける。
  2. そして左前方で、両腕を顔の前で分け開きかけ、同時に左足踵を左斜め前方約30°に着地させる。(上歩
    注意:
  • 上歩するとき、両足の横幅を10cm~15cmにする。

動作3

動作3
  • 重心を左に移す。
  • 左足先を着地させ、右脚を蹴り伸ばす。
  • 両腕を左右に分開く。(約135°に開く)両掌心を外側に向ける
  • 右手を見る。
    ポイント:
  1. 左足先を着地させ、右脚を蹴り伸ばし、重心を左に移す。
  2. そして、左斜め約30°の「順弓歩」を作る。
  3. この動作に合わせて、両手を左右に分開く。(分掌
  4. このとき、頭を回し右手を見る。
    注意:
  • 分掌の動作と順弓歩の動作を一致させること。
  • この両動作を、次の動作への途中動作であり、停止しないで次の動作に移ること。

動作4

動作4
  • 右足を左足の内側に寄せる。
  • 両腕を下に、弧を描いて下ろし、腹前で両手首を交差させる。両掌心は内側で右手は左手の内側。
  • 前方を見る。
    ポイント:
  1. 前方を見ながら、右足の踵を上げ、左股関節を折り込むようにして、右足を左足の内側に寄せる。
  2. 寄せた右足の足先は着地しても、しなくてもよい。
  3. この動作に合わせ、両腕を下ろし、腹前で両手首を交差させる。
    注意:
  • 右足を左足の内側に寄せる動作と、腹前で両手首を交差させる動作を協調させる。

動作5

動作5
  • 右足の膝をあげる。足先を自然に下に垂らす。
  • 両腕を胸の高さまで上げる。両掌心は内側にする。両手は交差して右手は外側にする。
  • 両手首の前方をみる。
    ポイント:
  1. 右足の膝をあげるのに合わせて、両腕を胸の高さまで上げる。
  2. このとき、両掌心は内側にすように、小指側に回し、両手は交差して右手は外側にする。
  3. 左脚で安定して支えるように、頭を上に持ち上げ、上体の中正を保つ。
    注意:
  • 右足の膝をあげる方向は、蹴り出す方向すなわち斜め右約30°方向に上げる。

動作6

動作6
  • 体を少し右に回す
  • 右足先を起こし、膝を蹴り伸ばし、踵から蹴り出す。(蹬脚
  • 両掌心を外側に返しながら、両腕を分け開く。(分掌
  • 右手前方を見る。
    ポイント:
  1. 右足の膝を蹴り伸ばし、踵から蹴り出すのに合わせて、両腕を分け開く。
  2. 分け開く動作は、肩、肘、手首の順に開いてゆく。
  3. 掌心を外側に返しながら、開き終わったときには、手首を座腕にして、肩、肘を沈めて腕を弧形にしておく。
    注意:
  • 蹬脚と分掌を協調させる。
  • 上体が後ろに傾かないこと。
  • 右踵を蹴り出すこと。
  • 右足と右手は右斜め約30°方向で上下で相対すること。

套路---双峰貫耳(スァンフォングヮンアル)の動作説明

3210

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional