藤ケアサービス、訪問介護、介護タクシー、障害福祉サービス

24式太極拳

プロフィール

太極拳

太極拳には多くの形式があり、そのなかの「24式太極拳」は太極拳の入門教材といわれていますが、本格的な太極拳であり、かなり高度な技術を必要とします。又「簡化太極拳」とも呼ばれ、1956年に中国の武術科が編纂し発表されました。
日本武術太極拳連盟は、「24式太極拳」を習得しやすくするために、8つの動作を組み合わせた「入門太極拳」「初級太極拳」を編纂しました。これによって初めて太極拳を学ぶ人達にとって、太極拳がとても学びやすくなりました。
太極拳は、伸びやかで大きくゆっくりとした動作が特徴で、連綿とした滞りのないやわらかな動きに攻防の技を組み合わせており、優雅な動きの中に精神を集中しておこなう高度な技法です。
太極拳の練習は、心身をリラックスさせ、意識で身体の動きをコントロールし、呼吸と組み合わせてゆっくり、柔らかく行う。年配者や虚弱体質の人でも、体力に合わせて参加することが出来ます。また幅広い年齢層が参加できる健康法として利用されています。

太極拳の特徴

  • 呼吸を重視した運動
  • 筋肉の隅々にまで意識が行き渡る運動
  • 気持ちのいい運動
  • ゆっくりした運動
  • 等速性の運動
  • 全身運動
  • 体力、技術に応じた運動

健康上の効用

  • ゆっくりした意識的全身運動は、足腰の筋力が強化される。
  • 意識を介した太極拳動作は大脳皮質の血行が増加し、大脳が活性化される。
  • 太極拳中は、筋肉に血流が集まるが、終了すると内臓の活動が盛んになり消化吸収を助長する。
  • 太極拳中は「気持ちが良い」と感じさせる脳内物質が分泌され、精神面、情緒面に良好な効果をもたらす
  • 心肺機能が増進し、血液が良好に保たれ、自己防衛免疫能力が増える。
    (社団法人日本武術太極拳連盟の「太極拳実技テキスト」の1部抜粋)

介護と太極拳

  • 介護予防や介護リハビリに用いることが出来る「太極拳ゆったり体操」は、足腰の弱くなった高齢者の方にも太極拳の効果を実感していただく為、太極拳の要素を取り入れた体操です。入門編、ステップアップ編があり、椅子に座りながらの座位と、椅子を補助的に使用する立位によるバージョンが設けられている。この体操の効果として
  1. バランス機能の向上
  2. 下肢筋力を中心として全身の筋力アップ
    がある。(大極スタイル11月秋号Vol.7より)

24式太極拳の套路(とうろ)

  • 套路名をクリックすると動作説明にジャンプします。
  1. 起勢(チーシー)
  2. 左右野馬分鬃(ズォヨウイェマーフェンゾン)
  3. 白鶴亮翅(バイフーリャンチィ)
  4. 左右摟膝拗歩(ズォヨウローシーアォブ)
  5. 手揮琵琶(ショウホイピーパ )
  6. 左右倒巻肱(ズォヨウタオジェンゴン)
  7. 左攬雀尾(ズォランチュウェイ )
  8. 右攬雀尾(ヨウランチュウェイ)
  9. 単鞭(ダンビェン )
  10. 雲手(ユンショウ )
  11. 単鞭(ダンビェン )
  12. 高探馬(ガオタンマー )
  13. 右蹬脚(ヨウドンジャオ )
  14. 双峰貫耳(スァンフォングヮンアル )
  15. 転身左蹬脚(ズァンシェンズォドンジャオ )
  16. 左下勢独立(ズォシャーシードゥーリー )
  17. 右下勢独立(ヨウシャーシードゥーリー)
  18. 左右穿梭(ズォヨウチュアンスオ)
  19. 海底針(ハイディージェン )
  20. 閃通臂(シャントンペイ )
  21. 転身搬攔捶(ズァンシェンバンランチェイ)
  22. 如封似閉(ルーフォンスーピィ)
  23. 十字手(シーズーショウ)
  24. 収勢(ショウシー)

套路---起勢(チーシー)の動作解説
アクセス数:19837 今日:5 昨日:5

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional